スズキ スペーシア 左アクセル 福祉車両

改造事例 社長ブログ

スズキ スペーシア 左足アクセル

自動車運転再開支援
1月にmrtニュースnextの特集で当店の福祉車両改造を
ご覧になられて右半身に麻痺が残っているが車を運転出来るかもしれない
と思い相談に友人と来店されました。
約3年程前に病気で車の運転を諦め車も手放されたのですが
当店で扱っている左足アクセル装置、
ハンドル旋回装置のステアリングデバイス、
左ウインカーレバーで運転出来る事を知り帰る際には
表情がイキイキして輝いていたのが印象的でした。
その後やり取りをして公安委員会や自動車学校で
左足アクセルの装着された車で練習したら
意外とすんなり運転出来る事を確認してもらい
車の購入から左足アクセル装置の取付けまでお手伝いさせて頂きました。
途中ご家族の反対も有りましたが
持ち前の行動力でご家族と一緒に自動車学校に行き
運転する様子を見せ納得してもらい車の購入に至りました。
当店は新車の扱いはないので友人にお願いし
車を注文しましたがコロナの影響で納期未定となり
大変お待たせしてしまいましたがようやく本日納車となりました。
土曜日に自動車学校に持ち込んで教習所で
練習してから路上デビューするそうです。
スズキ スペーシアに
KIVI製 左足アクセル電子スロットルタイプ
旋回装置にステアリングデバイス ラウンド50
左ウインカーレバー
サイドブレーキレバーを取り付けました。
これから自分で行きたい場所へ1人で行けるので行動範囲が広がり世界も広がりますね!
久しぶりのカーライフ楽しんでください‼️
福祉車両改造の仕事をしこの様な場に立ち会えるのは最幸です。
関係者の皆様ありがとうございます
九州、南九州で福祉車両のご相談は
スピードハウス野口まで

大好きな車に乗りたいという気持ち、教えてください。
夢を叶えるサポートをさせて頂きます!

スピードハウス野口
野口俊和

TEL:0986-58-4705

お気軽にご相談ください!

© 2021 宮崎県で福祉車両後付け改造ならスピードハウス野口 Powered by AFFINGER5