手動運転装置

社長ブログ

体に障害がある方が車を運転するには運転される方に適した改造が必要です

こんにちは、主に福祉車両改造を得意とする宮崎県都城市のスピードハウス野口です。私達は、体に不自由がありながらも車の運転をしたい!とう願望を持ったお客様の夢を叶えるために日々真面目に取り組んでいます。

障害者が自動車を運転するには運転免許センターで適性検査を受験し合格し障害に適した運転補助装置を装着すれば自動車を運転できます。

自動車運転再開する方法としては管轄の運転免許センターに問い合わせし状況を伝えます。

運転免許センターで適性検査を受検し合格すれば運転免許証に条件がくわえられます。

手動運転装置

手動運転装置

ダイハツタント カロスピードメノックス

左足アクセル

トヨタ パッソ 左足アクセル 左ウインカーレバー ステアリングデバイス

などです。

次にすることは市役所の福祉課に運転補助装置を取り付けるので助成を受けられるか相談しましょう。

行政ごとに条件と助成金の金額が違いますので確認しましょう。

所得制限や障害者等級、税金の滞納が無いかなど条件があります。

助成金も市町村で9万円から20万まで開きがありますので確認しましょう。

助成を受けられるとなれば申請書と改造の見積りが必要です。

申請後、決定通知が届きますのでそこから発注、改造となります。

改造し取り付け後に作業実績書を市役所に提出した後に口座に助成金が振り込まれます。

大まかにこのような流れです。

スピードハウス野口では申請のお手伝いもしますのでお気軽にお問い合わせください。

 

© 2021 宮崎県で福祉車両後付け改造ならスピードハウス野口 Powered by AFFINGER5