手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

https://speedhousenoguchi.com

社長ブログ

オミクロン株などの感染症対策の為に車を福祉車両に改造して移動しませんか?

手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

こんにちは、主に福祉車両改造を得意とする宮崎県都城市のスピードハウス野口です。私達は、体に不自由がありながらも車の運転をしたい!とう願望を持ったお客様の夢を叶えるために日々真面目に取り組んでいます。

未だに猛威を振うコロナウィルス。オミクロン株も新型が発見され収束が見えない状況で生活していかなければなりません。かからない、うつさない為にも3密を避ける必要があります。その中で移動手段として自家用車で移動すれば密になる事もありませんのでおすすめです。しかし身体に障がいがあり車の運転を諦めてしまう方もいらっしゃるはずです。諦めないでください!車の運転を補助する装置を取り付ければ福祉車両として車の運転を再開できます。

左アクセル 電子スロットル

KIVI製左足アクセル電スロタイプ

右足が不自由な方は上の左足アクセル装置を取り付ければ左足でアクセルとブレーキ操作が可能です。ボタン操作で従来のアクセルと左アクセルを切り替えるのでご家族で共有される車などおすすめです。

手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

手動運転装置アクセルリング&ブレーキレバー

車イスの方はこの手動運転装置を取り付ければハンドルの後ろにあるリングを、押す、引く、でアクセルの操作ができレバーを下げればブレーキの操作ができます。この他にも手動運転装置はコラムタイプとレバータイプがありますので体力や体の状態により選ぶ事ができます。

今回紹介したのは一部の装置なので障がいがあっても車を運転したい方はお気軽にスピードハウス野口にお問合せください。

© 2022 宮崎県で福祉車両後付け改造ならスピードハウス野口 Powered by AFFINGER5